入学祝いの熨斗袋:入学祝い納得情報マップ

スポンサードリンク



スポンサードリンク

入学祝いの熨斗袋

入学祝い納得情報マップ のページにご訪問ありがとうございます。
少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。
入学祝い のことがなんとなく心に引っかかって気になりませんか?


入学祝いでお祝い金を包む時は、熨斗袋を使うのが基本です。

のしの正式名称は「のしあわび」といいます。
あわびは古来から、とても美味しくて食用として使用されていました。
乾燥すれば保存食となり、とても貴重だったので食料の贈り物として利用されるようになり、貴重品であるがために高級贈答品となりました。
あわびを保存食にする時の「伸す」作業から今の「のし」という言葉が生まれたといわれています。
そしてそれが形式化して贈り物の「印」となり、その後「飾り」と変化していき、熨斗を添える習慣が根付いたそうです。

お金を贈る時には和紙に水引、熨斗をつけた特別の封筒(袋)を使います。
それは熨斗袋(金封)と呼ばれています。
お金は熨斗袋に入れ、表書きさえすれば終わりといった簡単な作業ですが、きちんとした包み方があります。
基本的なことをマスターすれば、とても簡単な作業ですし、日本社会でのお付き合いの場で恥ずかしい思いをすることもないです。
役にたつことなので、しっかりと基本を学んでおくようにしましょう。

のし袋の準備の仕方
1.外包の折り方
中包みを線の中央に置き、まず左を折り、次に右を折り、下側を上側にかぶせます。

2.表書き
毛筆や筆ペンを使い、「入学御祝」などと書きます。

3.中袋の書き方
中袋がついている場合とそうでない場合があります。
ついている場合は、中袋に金額、住所、氏名を書きます。

4.水引
蝶結びを使います。
紅白や金銀の蝶結びは、何度も繰り返してよい一般的なお祝い事やお礼に使います。
結びきりもありますが、これは二度と繰り返してはいけない結婚や弔事、全快祝いなどに使うので、間違いのないようにしましょう。

少し面倒なような気もしますが、基本さえおさえておけば何にも考える必要はありません。
しかし一つ一つの作業に相手への思いやりをこめながら丁寧に入学祝いの用意をしましょうね。

◎◎お祝い・贈答に関するブログ・サイトを紹介します!◎◎

大至急のお祝い!
こんにちは、津久井のお花屋さんです。 お盆も終わり、のんびりモード突入かな?と思いきや、東京は港区から大至急の祝アレンジのご注文です。 大至急なので、おまかせで小振りにと言う事で制作です。 どんな方が貰うのですかね〜? ...(続きを読む)


今夜はお祝い
今日は朝から 久しぶりに、涼しい朝でした。予報では、午後からは でしたが、とんでもない。土砂降り 雨の中実家へ行き、母と近くのスーパーで日用品や食材...(続きを読む)



タグ:お祝い
posted by 入学祝い at 02:05 | 入学祝い

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。